SEOに有利な中古ドメインを取得しよう!

効率的なSEO対策として近年注目されている中古ドメイン。一方で、「ペナルティを過去に受けた中古ドメインを購入してしまってペナルティまで引き継いでしまった」という失敗例を聞くこともあります。
これでは有効なSEO対策を施せたとはいえず、意味がありません。そこでここでは中古ドメインにはどのようなメリットがあるのか、中古ドメイン購入時にどのようなことが注意点として挙げられるのかなどを説明します。
ここで挙げるブラックリストに掲載されていないかなどの注意点を念頭に置いて良質なドメインを購入するようにしましょう。

中古ドメインってそもそも何?

中古ドメイン(オールドドメイン)とは、かつて誰かが使用しており運営歴はあるけれど、その持ち主が放棄したためにユーザーの使用時点では誰も使用していないドメインのことをいいます。
そもそもドメインとは、インターネット上にあるコンピュータやネットワークを識別する名前、つまり「住所」のことを意味します。
アドレスバーをみてみると、「https://」のあとに英字が続いているのがわかるでしょう。
たとえば「https://www.chuko.com」とあったとすれば、www.の部分がホスト名、「.(ドット)」の後に続くchuko.comの部分がドメイン名になります。
住所といえばネット上の識別番号であるIPアドレスを思い浮かべる人が多いかもしれません。IPアドレスは単なる数字の羅列なので、これを人間が覚えるのは困難です。
よりわかりやすくするために用いられるのがドメインになります。URLの代わりにそのIPアドレスを入力してみてもそのサイトにたどり着けることから、両者は同じ役割を果たしていることがわかります。

ドメインには独自ドメインとサブドメインの2種類があり、一般にドメインとだけ呼ぶ場合、レジストラから取得する独自ドメインを指します。世界に一つだけのドメインであり、他の企業と区別するのに役立ちます。
もっとも逆にいえば既に独自ドメインとしてレジストリに登録されているものを他の人が後から入手しようとしても認められません。
つまり、「中古パソコン」という会社が「chuko.com」というドメインを取得していると、「中古ドメイン取得」という会社が同じドメイン(chuko.com)を取得しようとしても認められないのです。

これに対し、サブドメインとは独自ドメインをいくつかのグループに分類したもののことで、サブドメインを活用することでメインサイトから独立したWebサイトを構築できるようになります。
独自ドメインを取得すると好きな名前のサブドメインを無数に取得することができます。サブドメインは独自ドメインの直前に挿入されている英字のことなので、たとえば「https://www.abc.chuko.com」とあれば「abc」がサブドメインです。
通常、独自ドメインを持つには1年間など一定期間で使用料を支払わなければなりません
もし使用料の支払いを止め更新せずにいると、一定期間放棄されたドメインは期限切れとなり、そのドメインを使用できる権利の効果は失われます。しかし、失効してもそのドメイン名自体はそのまま存在し続けています。
ただし、既に失効しているので、そのアドレスにアクセスすることはできません。空き家が取り壊されずにその場に残っているけれど鍵が閉まっているので中には入れないとイメージすればいいでしょう。

このように誰かが使用し、多くの場合1年間以上放棄され、期限切れとなっているドメインを「中古ドメイン(オールドドメイン)」といいます。
後述するように誰かの運営歴があり、SEO対策が既になされているので、改めてSEO対策を施す必要がなく、はじめからアクセス増加などの効果が期待できます

中古ドメインはどこから購入すればいいの?

中古ドメインの取得方法には主に以下の2種類があります。

  • 有料の検索・分析ツールやオークションなどを活用して自分で探す方法
  • オールドドメイン販売専門業者で取得する方法
中古ドメインを探す男性

期限切れ直後のドメインを無料で取得する方法もありますが、質の良いドメインはすぐに探し方を心得ているSEO業者などに取得されてしまいます
このため、時間を浪費せずに価値の高いドメインを取得したいならば購入した方が効率的です。「中古ドメイン・販売」、「オールドドメイン・購入」などのワードで検索するといくつかの業者が見つかるはずです。
業者の口コミなどを参考にしてリアルタイム納品や一定の場合には返金される保証制度の設けられているサイトを利用した方が良いでしょう。
業者によっては一定数以上ドメインを購入すると割引される場合もありますので、そうした割引制度がないかもあわせてみておくとよりお得に購入できます。
オールドドメインの取得はいくらかギャンブル性を有していますので、いくつか取得しておいた方が失敗するリスクを減らすことができます。

おすすめの中古ドメイン業者

中古ドメインを購入できる業者のアクセス中古ドメインは質の高いドメインが揃っていて、信頼ができます。
アクセス中古ドメイン

では次にどのようなドメインを選ぶと外れる確率が低くなるのかをお知らせしましょう。一般に新規でドメインを取得するよりも中古ドメインを取得する方が費用は高いといわれています。
それは中古ドメインの方が企業を運営している業者にとって総じて利用価値が高いからです。
オールドドメインには主に次の2つのメリットがあります。

最初からアドレスにSEO対策が施されている

かつて誰かがそのドメインを利用していたということは、そのドメインには前の所有者が保持していた評価や被リンクがもともとついているということです。
たとえばそのドメインの評価が高ければ、自動的に新しくそのドメインを利用するホームページの評価も高くなります。
また、ページランクが高いサイトからの被リンクを多く持っていると、そのドメインを利用するサイトの評価も高くなります。コツコツと被リンクを集める必要がなく、最初からSEO対策が施されているというわけです。
中古の家に良質な家具が備え付けられていてそれを利用できるといえばわかりやすいでしょう。ただし、その後もそのまま高い評価を維持できるとは限らないため注意が必要です。

エイジングフィルターにかからない

エイジングフィルターとは検索エンジンが新規ドメインに対して施しているアルゴリズムで、数週間から数カ月間、検索サイトに表示させない方策です。
これはペナルティではありませんので、新規ドメインのほとんどすべてのものに適用されます。
これらのメリットからみてみると、購入する価値の高い中古ドメインとは、被リンク元が貴重なサイトのドメインや多くのインデックスページを保有していたドメイン、ペナルティやスパムの歴史がないまたは少ないドメインといえます。
確かにこうしたものほど費用が高いのですが、中古ドメインのメリットを享受できるものを選んだ方が良いでしょう。被リンクの数や運営歴などは専門サイトで調べることができます。

中古ドメインの注意点とは?

中古ドメインの注意点とは?中古ドメインを利用することで、そのアドレスのかつてのユーザーの評価を受け継ぐことはSEO対策になる一方で、悪評価まで引き継いでしまう危険性があります。
検索サイトの中には「ドメインの期限が切れた場合、それまでの評価をリセットする」と説明しているものもあります。
しかし実際のところ、すべてのサイトについて評価をリセットすると多方面に影響が及んでしまうため、ほとんどのケースでリセットをしていないといわれています。
たとえば以下のようなケースは残念ながら珍しくはありません。中古ドメインを取得してサイトを構築していてもなかなかインデックス(WEBページのデータが検索エンジンに登録されること)されない状態が続くことがあります。
状況を調べてみると、かつてのユーザーが自作自演で被リンク対策を行っていたことからペナルティを受けており、検索結果から除外されているというのです。
再審査リクエストによって検索結果に掲載されるようになることもありますが、この場合、新規ドメイン扱いをされることが多く、ページランクはリセットされます。
その結果、中古ドメインを取得した意義が失われてしまいます。加えて、同種のサイトを構築する場合を除いて、そのドメインがスパムサイトやアダルトサイトで使われていないことも重要です。
検索サイトだけでなくメール上でもブラックリスト(DNSBL)に登録されていると、リストから削除するための手続きが必要であり、厄介です。
そこで中古ドメインを取得するにあたっては次の4点に注意しましょう。

  • そのドメインを用いて過去にスパムサイトやアダルトサイトは運営されていないか
  • ブラックリストに入っていないか
  • 被リンクに悪質なものが含まれている可能性は高いか
  • ドメインの運営歴はどのくらいか

被リンクに悪質なものが含まれているかどうかは、被リンクの数が多いとすべて確認するのは大変かもしれませんが、少なくとも6割以上は確認しておいた方が安心できるでしょう。
ドメインの運営歴ですが、基本的に運営歴が長い方がドメインの価値は高くなります。
もっとも、運用歴が長くてもサイトの内容が何度もがらりと大きく変わっているサイトは質の低いアフィリエイトサイトに使用された可能性があるので、避けた方が無難です。

注意点として挙げたこの4点は専門サイトを利用することによってそれぞれ比較的簡単に確認できます。

中古ドメインを購入前にチェック?

過去の運営状況ならarchive.orgやWayback Machine、被リンクの質や数ならSEOチェキ、ブラックリストの登録の有無ならAgues.Jpなどを利用します。中古ドメインを購入する前に確実にチェックしておいた方が良いでしょう。
一概に値段の安いものほど悪質なドメインということはできませんが、一見運営歴が長く被リンクの質も高いのに不相応に価格が安いドメインは注意すべきだといえます。
このため、失敗しないためには価格だけでなく運営歴やペナルティの有無、ブラックリストの掲載の有無など注意点をしっかりと確認して購入してください。良質なドメインであれば、効率的なSEO対策に結びつけることができるでしょう。